フリーキックと言う物は直接得点に結びつくものですので、日頃から練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)をちゃんと行っていきたいになるはずです。それでは、フリーキック(大きな得点チャンスだけにプレッシャーがかかるものです)の練習方法はどうやってして行えば良いのでしょう。まず、ボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)の蹴り方と言う物は、人によって癖もあり、人によってそれぞれに違いますよねね。そうは言っても、やはり理想のフリーキック(直接フリーキックと間接フリーキックがあり、ペナルティーキックもその一種です)というものがあって、それはボールのカーブとコントロール、そして、スピード(急がね回れということわざにある通り、一見、早いように思えて実はそうでもないこともあります)の全てが揃っている事です。ボールにコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)をつける為には、コーン等をめがけて自分がイメージしているキックを蹴ってみます。なんども繰り返して練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)していくうちに、コツが掴めてきますよ。実際のゴールを使用しての練習では、キーパーが届かないような四隅等を狙って蹴ってみましょう。何100回でも蹴ってみる事が上達に繋がるはずです。次に、ボールにスピード(沖縄県出身の女性4人組グループでしたが、人気の絶頂期に解散しました。最近また、再結成しましたね)をつける為には、やっぱり筋力を付けることが重要でしょう。そこで、スクワット等の筋トレは如何ですか毎日継続することで、確実に筋力がアップしますよ。フリーキックを蹴る際はギリギリまでしっかりとボールを見て、最後まで振りぬくようにしましょう。蹴った時点で足を止めてしまったら、せっかくのスピードも半減してしまいます。パスの練習などと異なり、フリーキック(大きな得点チャンスだけにプレッシャーがかかるものです)の練習は1人でも行う事ができるでしょう。多少の時間があったら積極的に練習することをして、より精度の高いキックを蹴る事ができるようにしておきましょうー